○○クリニック 本文へジャンプ
「南区の障害資源」へ戻る
事業紹介
利用対象者 横浜市南区を中心に集まった障がい児・者の親とその子ども
住所

232-0024 横浜市南区浦舟町3−46
浦舟複合福祉施設8(南区福祉保健活動拠点内)

電話
FAX
運営主体 障がい児・者の親
事業概要
事業所PR

活動内容
支援例

【概要】

 昭和48年に行き場のなかった障がい児の訓練会から出発しました。当時はまだまだ障がい児・者に対し社会の理解も少なかったのですが、国際障がい者年(昭和56年)を一つの契機に次第に受け入れられるようになり会も発展してきました。現在(平成234月)会員数120世帯となり幼児部・小学部・中高部・就労部と子どもの年代に分かれて、訓練会や地域の活動をとおし障がい児・者が持っている能力を最大限に伸ばしていくことと地域の中でみんなと一緒に生活していけるようになることを目標に活動しています。

【活動内容】
訓練会 
・童童(とんとん)クラブ・・・就園・就学前の幼児対象
 
集団の中での楽しさと排泄、手洗い、食事等の基本的生活習慣 の訓練をおりこんだプログラムで保育を行っています。
・でんでん虫クラブ・・・小・中学生対象
・インディアンクラブ・・・小・中学生対象
 
友達となかなか一緒に遊べない子ども達が楽しい時間を過ごせ る場所作りをめざし工作、料理、体操、ゲームなどをボランテ ィアの援助の下で行っています。
・スワロー・・・中・高生対象
 
友達同士で外出できにくい中・高生達がボランティアと一緒に 行きたい場所をきめ外出をするグループ活動です。

◎障がい発信活動
・Kokua(コクア)

  障がい児・者の感じ方や気持ちを疑似体験で伝えながら障がい の理解と障がい児・者の啓発活動をするグループ

◎研修会 施設見学

◎年間行事 
・新年交流会 バスハイク 経験交流会 地域行事への参加

◎運営委員会(奇数月第2火曜) 広報誌「ふるーつぽんち」と「事務局だより」の発行

日ごろ連携の多い機関 南区社会福祉協議会
横浜市社会福祉協議会障害者支援センター
みなみ市民活動センター・多文化共生ラウンジ

NPO法人南福祉ホーム むつみ

地域活動ホーム どんとこい・みなみ

今後連携をしてゆきたい機関

南区福祉保健センター

地域ケアプラザ

障害支援に関する地域資源
区内の小・中学校

HP


地図